先輩社員の声 小柳 純子|BTC

先輩社員の声 小柳 純子

キーワードは「とにかく想像力」業種、業界、業務。自分の幅を広げることがキャリアアップだと思います。

もっと広い範囲の仕事、活躍の場を求めてBTCを選んだ

前職はSIerで働いていましたが、担当できる仕事の範囲をもっと広げたいという思いで、ビジネステクノクラフツ(以下BTC)に転職しました。実際、BTCは良くも悪くもコンパクトな会社であり、時々のお客様のニーズに応えるべく様々な業種のお客様や、システム開発の中でも様々な工程に携わる機会を得ることができたことが転職の成果だと思っています。

もっと広い範囲の仕事、活躍の場を求めてBTCを選んだ

私自身、大学時代は農学部でシステム開発に係る知見は全くと言っていいほどありませんでした。当社でもそうですが、システム開発に関わる会社の門戸は、学生時代にITとは全く関係のないような分野を専攻していた者にも開かれていると思います。学生の頃にシステム開発について勉強した経験がなくても、学生生活の中でしっかりと勉強し、考える力を身に付けることによって、社会に出てからも活躍の場は広げていけると考えます。また、IT業界を目指した理由として性別に関係なく評価される業界だという印象を持っていたという点があります。そのイメージは働き始めてからも変わっておらず、今まで「女性だから」という理由で何か不利な評価をされたと感じたことはありませんし、勿論、特別に有利な評価をされたと感じたこともありません。このフェアなところもIT業界、ひいてはBTCという会社の魅力だと思います。

良い仕事は、想像力から生まれる

良い仕事は、想像力から生まれる

私も一定以上のキャリアを積んで、部下や後輩に仕事やその姿勢を教える立場になりました。彼らに常々言っているのは、仕事の大小に拘らず「想像力を働かせるように」ということです。分かりやすい例で言えば、会議資料の印刷ひとつとっても、会議の出席者の立場で資料を見ることを想像することで、資料の順番や通し番号を打つなど、「読みやすい資料」を作成することができ、結果として円滑な会議運営につながります。また、システムの機能を検討するような場合でも、お客様のシステムの要件をヒアリングする際には、自分がお客様の立場になって実際に業務を行うシーンに想像をめぐらせることで、効果的なヒアリングができます。いずれも「当たり前」のことではありますが、後輩を指導する立場となり、改めて想像力の肝要さに気づかされました。

私の一日
  • 新卒採用募集はこちら
  • 中途採用募集はこちら
  • エントリーフォームはこちら
ビジネステクノクラフツ株式会社