先輩社員の声 今中 智宏|BTC

先輩社員の声 今中 智宏

評価していただけるなら、お客様から直接言われたい。直接お客様と関わることのできる場を求めて、BTCを選びました。、BTCを選びました。

お客様と直接関わることのできる面白さ

お客様と直接関わることのできる面白さ

大学は理系の学部を卒業しました。主に物理を学んでいて、その中でシミュレーション計算のためにプログラムを組むといったことを経験しているうちに興味が出てきて、システム関連を志望するようになりました。
とは言ってもビジネステクノクラフツ(以下BTC)は転職で入社したので、新卒のときに就職したのは別の会社でした。前の会社には5年ほどいたのですが、下請けだったため、お客様の顔が見えないというのがネックでした。
自分が関わったシステム、作ったシステムがお客様のところでどう役立っているのか、お客様はどう評価されているのか、そのあたりが見えにくかったんです。
お客様のご要望やご指摘なども、伝言ゲームのように伝わってくるので正確に伝わりづらいと感じることもあり、何より直接評価していただきたいという本音もありました。

それと、前職は規模の大きい会社でした。組織が大きいと全員とコミュニケーションを取ることはなく、知っている人と言えば同期や同僚の限られた人たちです。もっと色々な世代の人や境遇、生い立ちの人と関わるのが面白いと思うので、転職するなら規模が大きくなく、色々な人と関わることのできる環境がいいと思っていました。
そういう観点で選んだBTCは、思っていた通りの会社でした。今はお客様先にITコンサルタントとし常駐していますので、お客様と関わる機会がありすぎるほどです。社長さんと直接やり取りをするのでご要望も正確に伝わりますし、評価していただけるときは直接言っていただけるので、念願が叶いました。

言われ仕事ではなく、自分から攻める

言われ仕事ではなく、自分から攻める

攻撃こそ最大の防御という言葉があります。私はこの言葉が好きで、仕事でも積極的に実践するようにしています。それを今の仕事に当てはめると、「言われ仕事をしない」ということに尽きます。
言われた仕事をその通りにこなすことは当たり前のことで、それだけだとコンサルタントとして期待されている仕事をしたことにならないと思うからです。
しかも、言われ仕事はできて当たり前。もしミスをしてできなかったときは怒られてしまいます。そうではなく、自分から「こうしたらもっと良いのでは」と考えて、それをどんどん発信するようにしています。こういう姿勢はお客様からも会社からも積極的に仕事に取り組んでいるように伝わるので、私の話を聞いてくれるようになります。
言われ仕事を失敗すると怒られますが、積極的にチャレンジした仕事がうまくいかなくても評価してもらえるので、BTCのそんな社風も好きです。そうでないと、安心してチャレンジできないですから。

お客様先で仕事をしていると、時間を重ねるごとに信頼が積み重なっていることをヒシヒシと感じています。今ではちょっとしたことでも気軽に相談してもらえるようになったので、どんどん積極的に発信してきて良かったという達成感を味わえます。

私の一日
  • 新卒採用募集はこちら
  • 中途採用募集はこちら
  • エントリーフォームはこちら
ビジネステクノクラフツ株式会社