先輩社員の声 菅沼 一平|BTC

先輩社員の声 菅沼 一平

お客様の疑問にすぐ答えるスピード感に感動、日々の仕事を楽しく改善しながら、頼られるコンサルタントを目指す。

お客様と同じ目線に立って、仕事がしたかった

お客様と同じ目線に立って、仕事がしたかったvv

実は私、大学(文学部)ではフランス文学を専攻していました。そこから「システム開発」というかなり意外性のある進路を選びました。
そんなルートを選んだ最大の理由は、これからの時代は何でもコンピューター化されていくという確信です。ITが持つ役割がさらに拡大、重要になっていく時代で、社会から必要とされる仕事に就きたいという思いを実行に移しました。
新卒では別のシステム開発会社に就職しましたが、仕事の大半は、いわゆる下請けでした。仕事自体にはやりがいもありましたし、自分なりにキャリアを積んでこられたのですが、やはり下請けだとお客様と直接やり取りすることが少なく、もっとお客様と直接やり取りができれば良いものになるかも知れないのに、という思いが強くなっていきました。

そこで、お客様の要望とあるべきシステムの姿をつなぐ橋渡しをするというビジネステクノクラフツ(以下BTC)の仕事に魅力を感じて転職を決意。しかし、実際に転職してみると橋渡しというよりも、お客様の要望の実現を目指して、お客様と「一丸」となりながらビジネス課題に取り組むというイメージの方が近いですね。これこそ、私が思い描いていた世界でした。
私自身、優れたITコンサルタントになるには、まず下流工程である開発現場を経験して、そこから徐々に上流に上っていくのが正しい順序だと思っています。そうでないとお客様に良い提案やご相談に対する回答ができないからです。BTCに入社して先輩の仕事ぶりを見ていると、お客様から相談を受けたことに対して、すぐに適切な回答をするスピード感に感動しました。自分がなりたかったのは、これだ!と思ったのを鮮明に覚えています。
BTCに入社して、今はこのスピード感を実現できるだけの経験則をどんどん積みたいと思い、目下実践中です。

仕事が面白くなければ、面白くすればいい

仕事が面白くなければ、面白くすればいい

ITコンサルタントというのは、便利な言葉だと思います。実際にはコンサルをしていなくても、人より物事を知っていれば名乗りやすい職業名です。コンサルタントという看板は出していても「中身はシステム開発専門の会社だった…」というケースも少なくありません。そうした現状の中、私自身は、「ITコンサルタントとはこういうものだ」いうお手本になれるようなプロになっていきたいです。
仕事をしていく上で大切にしていることは、業務面では「順序を大切にすること」、メンタル面では「楽しくすること」です。順序を大切にすることはシステム開発ではとても重要なことで、ここには当たり前のことを手抜きせずに丁寧にやるという意味も含まれています。メンタル面の「楽しくすること」というのは、仕事に対する工夫と言い換えるのが正確でしょうか。

私自身、ルーティンワークがあまり好きではありません。しかし、ルーティンワークを疎かにすると、当たり前のことができなくなります。
そこで、「もっとこうしたら楽になるのでは?」と色々と自分なりに工夫・改善してみます。それがうまくいけば採用、うまくいかなければ元のルーティンに戻せば良いのです。BTCはそうした工夫を評価してくれる会社なので、失敗を恐れずやってみることにしています。
幕末の長州藩士、高杉晋作の有名な言葉に「おもしろきこともない世をおもしろく」というものがあります。300年も続いた徳川幕府の時代は社会全体が硬直してしまって、新しいことを考える人たちにとっては面白くない時代だったのでしょう。それを面白くしたいという思いから奇兵隊を創立、明治維新の大きな流れを作りました。ちょっと大げさかも知れませんが、この言葉は、私自身のキャリア人生にも当てはまるのではないかと感じています。
仕事が面白くないのではあれば、自分で面白くすればいい。ただ、それだけのことなのですから。

私の一日
  • 新卒採用募集はこちら
  • 中途採用募集はこちら
  • エントリーフォームはこちら
ビジネステクノクラフツ株式会社