ITプロジェクト支援、BPR、事業再生|ビジネステクノクラフツ

サービス

数多くのプロジェクトから得た知見を活かし、お客様のプロジェクトを確実に成功に導きます。

ビジネステクノクラフツの提供するサービスラインナップ

ソリューション領域

事業改革や新規事業立上を含め様々なプロジェクトを全面的に支援いたします。
ビジネステクノクラフツ(以下当社)では、プロジェクトを成功させるために「型」にとらわれることなく、お客様のニーズ、置かれた状況に合わせた実効性/実用性のあるサービスをご提供します。構想段階から運用までの幅広いフェーズに一貫したサービスを、必要なレベルまで一歩踏み込んでご提供する、それが当社のサービスです。

構想~運用までの一貫サービス
踏み込んだサービス

プロジェクトの構想・企画・計画段階から、新業務/システムの設計・開発、稼働後の定着化・運用、そして実際のプロジェクトの推進・マネジメントまで、すべてのフェーズにおいて、当社は持てる知見と技術、経験を駆使し、御社にあったソリューションをご提案し、そして実現していきます。 また、個別課題の解決のために専門分野として、最適なデータモデリングの設計、SQLチューニング、ITO(Information Technology Outsourcing)などもご用意しております。

プロジェクトマネジメント
業務改革/業務設計・稼動支援 システム化計画立案
システム開発 データモデリング・DB/SQLチューニング
ITアウトソーシング

教育研修サービス領域

ビジネステクノクラフツ(以下当社)の教育研修講座は、自社社員用の社内研修から生まれた、仕事の現場で即戦力となるナレッジとノウハウを抽出したビジネススキル研修です。
スポーツの世界では「名選手、名将にあらず」とよく言われます。良いプレーができる名選手が、必ずしも他のプレイヤーのスキルを育てるのが得意であったり、他のプレイヤーを上手く動かして結果を出せるとは限らない、ということを表しています。
ビジネスの世界でも同じことが言えます。日本でもOJTを採用して実務を現場で習得させる手法が取り入れられてきています。基礎的な知識をOff-JTで習得し、それをベースに実践適用をOJTで習得する、というのがその狙いです。

教育研修講座

この手法は確かに計画的に管理された環境下で、適切な業務に従事させることができる場合には有効です。
しかし、プロジェクト型の仕事では、限られた期間の中で一定の成果を挙げることが常に求められる厳しい環境であり、若手社員が「その時期に取得すべき技術や経験が得られる業務」に従事できるとは限りません。
また、Off-JTで得た基礎的知識だけでは、実務との間の乖離が激しく、現場で活躍するスーパーバイザーが、若手を育てる名人とは限りませんから、期待した通りにはOJTでノウハウが習得できないという問題も発生しているのです。

教育研修講座

こうした問題に対処するために、私たちは、いわゆる「通り一遍の知識」ではなく、もっと実践に即した、或いは実践から抽出されてきた「ノウハウ」の部分を習得可能な情報として集積してきました。

それらのプロジェクトでの(失敗も含めた)様々な経験は会社の資産であり、当社独自の開発方法論「BRaInS」という形で昇華したり、 BRaInSをベースにプロジェクト終了後に振り返りを行い、次に活かせるノウハウを集積する
「BELIEVE」活動を通じて、若手社員に引き継いできています。

こうした活動の結果、生まれてきた当社のビジネススキル研修は、単に学問的にまとめた知識を教えるという研修ではありません。
当社の現役マネージャが、数多くのプロジェクトに参画した経験を通じて育んできた、生きたナレッジやTIPSを、後進の社員が追体験できるように工夫をしています。
その社内研修をベースに、お客様や協力会社から是非社内で開催したいと依頼されて社外に提供したのが当社のビジネススキル研修の始まりです。

  • 議事録作成講座

当社では、これまでの経験からプロジェクト運営を円滑に行なうために議事録が1つの武器になると考えています。プロジェクト運営に有効活用できる議事録作成のノウハウを実践演習を交えて、ご提供いたします。

さらに詳しく見る
  • BPECセミナー

BPECとは業務改革を行なう際の現状分析を効率的に実施する方法論であり、現状業務を効率化、可視化するツールです。
BPECセミナーではBPECツールのご紹介とともにBPECを利用した有効な業務分析の観点や過去のプロジェクト経験に基づく問題解決の事例についてご紹介し、BPECを用いた業務改善プロジェクトの実践手法をご提供します。

さらに詳しく見る
ビジネステクノクラフツ株式会社