事業立上計画立案、事業化調査|ビジネステクノクラフツ

事業立上計画立案 / フィジビリティスタディ

新規事業を成功させるためには、将来を見通した「周到」な準備が必要です。

初めから失敗すると思って立ち上げられる事業はまずありません。しかし実際に蓋を開けてみると、新規立上事業の7割は失敗してしまうという現実があります。どうしてそのような結果となってしまうのでしょうか。
実際に事業立上げに失敗してしまった事例を見てみると、計画時点で想定しなかった問題が新規事業を立ち上げた後で出てきて、事業を継続できなくなってしまったというケースが多いように見受けられます。

想定外の問題とは例えば以下のような事例があります。

  • 事業計画が進むにつれて、企業の目的とする姿から離れていってしまった。
  • 会社の強みを思ったように生かせず、競合他社との差別化ができなかった。
  • 事業開始が時期尚早で、市場が成熟するまで持ちこたえられなかった。

では、これらの問題は本当に計画段階で想定できなかったのでしょうか。
少なくとも、「想定されるリスク」については計画段階で事前に検討することが可能であり、それらリスクの対応策について事前に定義しておくことが重要であるとビジネステクノクラフツ(以下当社)は考えます。

構想から運営まで、事業の将来を考慮した計画立案

構想から運営まで、事業の将来を考慮した計画立案

事業立上計画立案の段階で、マーケット等、外部の環境も含めたリスク要因をすべて洗い出すのは非常に難しい作業です。ここで重要なのはリスクをすべて洗い出すことではなく、新規事業の遂行に重要なインパクトを与えうる潜在的リスクの項目を洗い出し、リスクが問題として顕在化していないかを定期的にチェックするレビュー計画を策定しておくことです。当社では様々な業界でコンサルティングを行ってきた経験豊富なメンバーが過去のプロジェクトでの経験を基に、事業計画~遂行~利益創出~成熟期まで事業のライフサイクルを考慮した事業計画及びリスク管理・レビュー計画の策定を支援いたします。

事例

  • 米国系国際物流パッケージベンダー 日本法人立上及びプリセールス支援/大手メーカー及び商社への導入支援
  • 米国系自動車業界調達ASPベンダー B2B直接材調達オークション運営支援/オークションエンジニアリング
  • 大手自動車部品メーカー B2B間接材調達サイト事業化支援
  • 大手家電メーカー 国際物流支援ASP事業化フィジビリティスタディ支援
  • 生命保険 生命保険会社立上プロジェクト支援
  • 専門商社 間接材・副資材SCMソリューションビジネスモデル策定・立上支援
  • 米国系モバイル保険サービス 日本へのサービス展開/ビジネスモデル策定・プロセス策定支援
  • 大手生命保険 新規販売チャネル開拓・ビジネスモデル策定支援
  • 大手共済組合 新規販売チャネル構築戦略策定・構築支援
  • 大手アウトソース事業 新規サービス検討・事業化計画立案・実行支援
事業立上計画立案/フィジビリティスタディのソリューション実績を見る
サービスへのお問い合せはコチラ
ビジネステクノクラフツ株式会社