クラウド型データベース|ビジネステクノクラフツ

VR  Technology

物理構築は不要。論理モデルだけで、データベースをご利用可能に!

データベースの論理モデルをデータとして登録することにより、物理的なテーブル構築を行わずともデータベースを利用することができるシステム、それがVRです。tidex(R)と組み合わせることで、Excelなどのデータを完全ノンプログラミングでデータベースに入出力できるようになります。事前に定義済みの汎用的なデータベース入出力の関数群に加えて、カスタムでデータを取得するためにDAOなどのユーティリティー群も充実しています。

VRの概要と特徴

安心・安全な仮想データベースをご活用いただけます。

通常、データベースシステムを使用する場合、データベースサーバーをお客様自身で設置する必要があります。その点、ビジネステクノクラフツ(以下当社)のVRを用いてクラウド型データベースに接続することで、仮想的なデータベースをすぐに使用することできます。

この仮想データベースは、お客様ごとに完全に分離しているため、データの安全性や独立性も万全です。もちろん、サーバー監視も厳重に行っておりますので、バックアップや万が一の障害が発生した場合でも、迅速・高品質な運用サポートを受けていただけます。

さらに、データベースのレコード処理機能も、豊富に用意された事前定義型関数を利用することで、簡単に処理することができます。また、こうした事前定義関数に当てはまらない固有要件などに関しても、充実したユーティリティー群を用いることで、容易にカスタマイズすることが可能です。

このようなシチュエーションで活かされています。

例えば、予算管理において…

事業部ごとの予算管理をデータベース上に一元化したため、確定までに至る作業が圧倒的に削減されました。 さらに、事業部独自の追加予算も保存が可能なほか、メールやファイル共有を行う必要がなくなったため、情報漏えいを未然に防止できるようになりました。

  • 予算策定が容易になった(複数Excelの管理が不要)
  • データ一元化により修正情報の反映漏れがなくなった
  • 構築期間…1ヶ月
予算管理システム
例えば、勤怠管理において…

勤怠管理システムに採用することで、複数のExcelファイルを管理する必要がなくなったため、勤怠集計が非常に容易になりました。さらに、データの一元化により、修正情報の反映漏れもなくなるなど、質の高い勤怠管理システムの構築に成功しました。

  • 勤怠集計が容易になった(複数Excelの管理が不要)
  • データ一元化により修正情報の反映漏れがなくなった
  • 構築期間…2ヶ月(ワークフローマクロ含む)
勤怠管理システム

事例

  • 大手総合商社 部門予決算システム
  • 大手小売 在庫・発注管理システム
VR Technologyのソリューション実績を見る
サービスへのお問い合せはコチラ
ビジネステクノクラフツ株式会社